2014年04月15日

新ドラマ ビターブラッドのあらすじ・感想 佐藤 健と渡部篤朗のコンビがいい!! 

ビターブラッド
第1話

入署式で
親子対面のシーンが笑えた

変人な父親(愛称:ジェントル 渡部篤朗)と
情が深くて正義感の
強い息子(愛称:ジュニア 佐藤 健)
正反対な親子

新入り2人の
歓迎会の帰り

風俗店の前で
お触りして裸にさせられた
サラリーマンが
殴られてるのを
見過ごせず 助けに行ったジュニア

それがキッカケで
生活安全課の潜入捜査の
甲斐むなしく

恐喝の被害者リストが
風俗店の経営者らに焼かれてしまい

生活安全課の所長に
怒られる2人

父親は息子に退職届けを書けと
せまる

本当はジュニアを危険にさらしたくない
からだが・・・


ジュニアが銀行でお金をおろしてると
そこに銀行強盗が侵入

30分経過するごとに
人質が1人ずつ殺そうとする
強盗犯

ジュニアはそんな状況を
だまって見ていられない
息子の考えた作戦とは・・

ラストのミッチーの役は
何だろう?
怪し過ぎ
この親子のストーカー?

原作は作家・雫井脩介さんによる累計13万部の同名作品

posted by まさっち at 23:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。